/

この記事は会員限定です

銀行破綻の備え目標額到達へ 膨らむ預金、比率に転換も

(更新) [有料会員限定]

銀行の破綻時に預金保護に使う保険の積立額が2021年度末、目標の5兆円に達する見通しだ。10年を最後に破綻はなく、順調に積み上がっているため。目標到達に伴い、保険料を納める金融機関は負担軽減を求めているが政府は慎重姿勢を崩さない。預金の膨張も踏まえ、目標を実額から比率に変えることを含め官民で妥当な積み立て水準を探る。

預金保険は各金融機関が毎年、前年度の預金量に対して一定の料率で保険料を支払い、1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1705文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン