/

この記事は会員限定です

東京海上や損保ジャパンも処遇改善、学び直し手当支給

(更新) [有料会員限定]

損害保険業界が社員の処遇改善に動く。東京海上日動火災保険が毎月2万円の手当を支給するほか、損害保険ジャパンは有期雇用の社員などに一時金として3万円を支給する。損保大手3グループの2022年3月期は過去最高の利益を記録した。好業績を背景に人的投資を加速する。

東京海上は7月から全社員を対象に毎月2万円を支給する予定だ。デジタル活用や語学など社内外の研修への参加費や、書籍購入費など学び直しに充てるこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り365文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン