/

監視委、ジー・スリーHDに課徴金勧告 虚偽記載で

証券取引等監視委員会は26日、ジー・スリーホールディングスに4605万円の課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告した。売り上げの前倒し計上や架空計上といった不適正な会計処理があり、有価証券報告書や四半期報告書に虚偽記載があったため。同社は再生可能エネルギー事業などを手掛けており、東京証券取引所のスタンダード市場に上場している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン