/

この記事は会員限定です

退職所得税制 社会の変化に対応を

十字路

[有料会員限定]

退職金に適用される退職所得税制は、支給金額から①勤続年数に応じた退職所得控除額を引き、②残額を2分の1にした上で、③分離課税するという3層のメリットがある。退職金は人生最後の所得であり、老後生活の糧という理由から優遇されてきた。導入は1938年(昭和13年)で、その後控除額が相次いで引き上げられ、終身雇用を税制面で支えてきた。しかし、88年を最後に見直されていない。

平成から令和にかけて雇用流動化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り531文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン