/

この記事は会員限定です

ESGの株主提案増加、米で最多583件 コロナで格差焦点

[有料会員限定]

ESG(環境・社会・企業統治)の視点で企業に経営などの改善を求める株主提案が増えている。格差や気候変動の問題に対する投資家の視線が厳しくなり、米国では2022年のESG関連の株主提案が過去最多になった。日本でも運用大手がJパワーに温暖化対策の強化を求めるなど同様の動きがある。多様化する投資家の声に企業も一段の対応を迫られる。

米非営利団体(NPO)アズ・ユー・ソウによると、今年の米国でのESG関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1174文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン