/

この記事は会員限定です

日本株取引低調 日経平均日中値幅、2週間ぶり小ささ

[有料会員限定]

26日の東京株式市場で日経平均株価の日中値幅が177円と2週間ぶりの小ささになった。2日連続で200円を下回り5日移動平均では1カ月半ぶりの小ささだった。売買代金も2日連続で2兆1000億円前後と低水準が続いており、今週に入って日本株に膠着感が強まっている。米連邦公開市場委員会(FOMC)などを控え、様子見姿勢の投資家が多い。

日経平均は前日比44円安の2万7655円で取引を終えた。日立建機(3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り378文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン