/

この記事は会員限定です

菜種調達に深まる懸念 天候不順・バイオ燃料需要

[有料会員限定]

植物油原料となる菜種の調達に懸念が深まっている。世界最大の輸出国カナダの主産地が天候不順で減産観測が広がっている。中長期的なバイオ燃料需要の拡大も見込まれ、輸出が細る可能性が高まる。菜種油は日本の家庭用食用油市場で最大の3割弱を占め、原料の代替調達先が乏しい。需要家は安定調達に向けて契約の前倒しを進める。

「日本・カナダ両国の信頼関係に基づき、引き続き菜種の安定供給が十分確保されることを期待します...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1008文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン