/

この記事は会員限定です

海運など景気敏感株に売り 日経平均、2カ月ぶり2万7000円割れ

[有料会員限定]

26日の東京株式市場で、日経平均株価が終値ベースで2カ月ぶりに2万7000円の節目を割った。下げを主導したのは海運や半導体などの景気敏感株だ。一方で空運や陸運は、経済再開を材料視して堅調な値動きが続く。欧米の景気悪化への警戒感が急速に高まるなか、東京市場でも業種間の資金移動が加速しつつある。

日経平均が直近高値をつけた8月17日からの騰落率を東証の33業種別指数でみると、下落率が最も大きかったの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り540文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン