/

積立投資の実力は? 4月の「まねび」の必読記事

4月の日経電子版「マネーのまなび(まねび)」では、「世界株の値動きに連動する投資信託の長期投資は本当に利益が出るのか」について詳しく説明した記事や、インデックス型投資信託の選び方についての記事、ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)の改正に関する記事などが関心を集めた。

コロナショック後の全体相場の上昇時には、投資初心者が多く参入した。世界株の値動きに連動する投資信託の積み立てを行っている人も少なくないが、本当に「長期・積み立て・分散」の投資は利益が出るのだろうか。そこで、過去の実績を検証。「20年間の運用」と条件を設定し、運用を手掛けた期間ごとに、リターンを確認した。

株価や債券価格など特定の指数に連動する「インデックス型投信」は、運用コストも少なく、積立投資の選択肢の一つだ。うまく商品を選べば、手間を掛けずに世界中に分散投資をすることも可能だし、株や債券などに投資対象を分散させることもできる。

ジュニアNISAは足元で注目度が高まっている制度だ。その理由は、2023年末の制度廃止を受けてのルール変更にある。変更のポイント、ジュニアNISAの活用法について詳細に説明された記事は読んでおいて損はない。

「まねび」の必読記事リンク

インフレ・円安への資産防衛 積み立て投資「勝率」96%

投信で分散投資 低コストの指数連動型を活用

駆け込みジュニアNISA ルール変更で使いやすく

マネーのまなび YouTubeチャンネル」のリンク
https://www.youtube.com/channel/UCaD-0G5ElWKkHZZBIe4JH6w/

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン