/

この記事は会員限定です

バブル時の自信取り戻せ 幼少期に英進出日本企業に興味

〈マーケットつぶやき板〉コムジェスト・アセットマネジメント リチャード・ケイさん

[有料会員限定]

日本との出会いは8歳の頃、住んでいた英国ウェールズ地方の小さな村に、NECやリコーといった日本企業が立て続けに進出してきたのです。サッチャー政権の外資誘致政策によるもので、日本人社員も多く派遣され、私の通っていた小学校は児童の3分の1が日本人になりました。それで日本に興味を持ち、曲折あっていまは日本株の運用を担当しています。

大学で日本経済を研究していた頃、日本はちょうどバブルで、日本人は「自分たちがナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り449文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン