/

この記事は会員限定です

資金繰り「脱コロナ」へ半歩 日銀、危機対応修正も

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で悪化していた企業の資金繰り環境が転機を迎えている。大企業は経済活動の再開で借入金の返済に動き、社債などの発行利回りも低位安定してきた。半面、中小企業は飲食や宿泊などの接客業で資金需要が根強く厳しさが残る。新型コロナの新たな変異型「オミクロン型」に世界で警戒感が強まるなか、日銀は12月にもコロナ禍に対応した金融緩和策修正の是非を判断する。

先行して改善しているのが大企業だ。日銀の貸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1517文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン