/

この記事は会員限定です

円安一服「115円の壁」 売りの材料探る局面に

編集委員 小栗太

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

急激な円安・ドル高に一服感が出ている。米国金利や資源価格の上昇を材料に、10月初めの1ドル=110円台後半から一気に114円台後半まで円売り・ドル買いが加速したが、その後は足踏みが続く。115円の節目を前に、利益確定の円買いがブレーキをかけた形だ。円相場はこの5年間、ほぼ105~115円の範囲での値動きが続く。円の先安観は依然消えていないが、市場が意識する「115円の壁」を明確に越えていくには、新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1120文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン