/

この記事は会員限定です

個人の「逆張り」、高すぎる買い水準と海外の信用不安重荷

[有料会員限定]

個人が株価下落時に買い向かう「逆張り」投資に2つの不安要素が台頭している。夏場の株高で、押し目買いを入れた株価水準が高まっただけではない。海外では金利急騰で信用不安懸念が出始め、世界で稼ぐ主力株の業績悪化も意識され始めた。「逆張り」が報われないシナリオへの目配りが必要な局面だ。

「ソニーを買い増し」「トヨタを買ってみた」。26日、短文投稿サイトのツイッター上でこんな投稿が相次いだ。ソニーグループ

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1136文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

スクランブル

株式市場の日々の動きと要因、見通しなどを緻密な取材を元にわかりやすく分析、解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン