/

この記事は会員限定です

脱炭素の次は「自然破壊」 国際組織、企業評価へ指針

[有料会員限定]

国際組織「自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)」は28日、自然環境の破壊による事業リスクや機会を把握する開示の指針案を改定した。水資源や森林などの自然資本が企業や金融機関の経営や財務にどう影響するかを把握するための指標を例示した。開示を促すことでESG(環境・社会・企業統治)マネーが流れやすくなるようし、持続可能な社会につなげる。

TNFDは国連開発計画(UNDP)などの主導で2021...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り632文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン