/

この記事は会員限定です

SMBC日興、ブロックオファー傾斜 着実な収益を意識か

[有料会員限定]

SMBC日興証券の幹部による相場操縦事件は、エクイティ本部を担当する副社長の逮捕にまで発展した。疑惑の焦点となった「ブロックオファー」は証券会社が日常的に手掛ける取引のひとつだが、必ずしも収益性が高いとはいえない。なぜリスクを冒してまで取引に傾斜していったのか。

株主の保有株を買い取って、投資家に幅広く転売するブロックオファーは証券会社が年に数十件引き受けている。「さほど大きなサヤを抜けるわけで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1317文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン