/

この記事は会員限定です

会社400年、歴史と未来図 マネー大循環が革新生む

カイシャの未来

[有料会員限定]

株式会社の歴史が始まって約400年。資本主義の発展とともに、株式会社はそのありようを変えてきた。近年では会社が富の蓄積と引き換えに、社会や地球環境に負荷をかけすぎたことへの反省から、ステークホルダー(利害関係者)の枠組みを捉え直そうという動きが広がり始めている。会社とは何か、歴史を振り返るとともに課題を整理する。

産業革命、開花期を支える

世界で最初の株式会社は諸説あるものの、最も一般的なのが1602年設立の「オランダ東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1560文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

カイシャの未来

株式会社が誕生してから約400年。社会を豊かにしてきた会社が岐路に立っている。利益を過度に追い株主に報いる経営姿勢に若者らがノーを突きつけ、社会への貢献や存在意義を明確に示すよう求め始めた。会社と社会。語源が同じと伝えられる2つの言葉が今、再び重なり合うときを迎えている。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン