/

日経平均2カ月ぶり安値 一時600円超下げ、米欧株安波及

(更新)

26日の東京株式市場で日経平均株価は一時前週末比600円超下げ、節目の2万7000円を割り込んだ。取引時間中としては2カ月ぶりの安値水準をつけた。世界的な金融引き締めへの懸念から先週末に米欧の株式相場が大きく下落し、日本株にも売りが波及した。

21日に米連邦準備理事会(FRB)が大幅な金融引き締めを継続する方針を示し、金融政策の影響を受けやすい米2年物国債利回りは4%超まで急上昇した。米株も大幅安となり、過度な引き締めが実体経済や企業業績を悪化させる恐れが高まっている。

26日は金利上昇が株価の重荷になりやすいハイテク銘柄の下げが目立った。ソニーグループは約5%下げ連日で年初来安値を更新した。半導体関連も安く、東京エレクトロンも年初来安値をつけた。ソフトバンクグループファーストリテイリングなど値がさ株も売られた。ロシア事業からの撤退を発表したトヨタ自動車も安い。

欧州の政治・経済情勢への懸念もくすぶっている。イタリアでは25日の総選挙で極右政党が第1党になる見通しとなり、欧州政治の不安定化が意識されている。英国ではトラス政権が大規模な減税策と国債の増発計画を打ち出したことで財政悪化懸念が強まり、英国債や英国株、通貨ポンドが売りにさらされている。

三井住友トラスト・アセットマネジメントの上野裕之氏は「ヨーロッパの政治混乱に加えロシアの部分動員令など悪材料が多く、市場が消化するには時間がかかりそう」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン