/

この記事は会員限定です

決算開示書類の一本化を検討、政府 四半期開示は維持へ

[有料会員限定]

政府は25日、上場企業など約4000社が四半期ごとに公表している決算開示書類を一本化する検討に入った。証券取引所の規則に基づき四半期ごとにまとめる決算短信と金融商品取引法で企業に開示を義務付けている四半期報告書の一本化といった企業の負担軽減策を検討する。

決算短信と四半期報告書は重複する部分が多く、対応する企業の負担の重さが課題となっていた。政府は2つの書類を1つにまとめることや重複する内容の削...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り303文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン