/

この記事は会員限定です

デロイトトーマツ、水害時の不動産被害額を分析

[有料会員限定]

デロイトトーマツグループは水害発生時に企業が保有する不動産にどの程度の被害が生じるか分析するサービスを始める。日本不動産研究所(東京・港)と提携し、土地や建物など保有物件に与える影響額を算出する。気候変動関連の開示の高度化が進む中、地方銀行などへ利用を促していく。

過去のデータに基づいて、水害後に地域の地価がどの程度下がるかを判断する。被災地域の人口規模などから地価の回復までに要する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン