インフレ加速、国債売り再び 根強い日銀修正論 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

インフレ加速、国債売り再び 根強い日銀修正論

中元大輔

[有料会員限定]

日本国債が売られている。国内のインフレが加速しており、日銀が金融緩和政策を修正するとの観測が再燃しているからだ。これまでの国債売りは日米の金利差から円安・ドル高が進み、日銀修正観測が浮上するという流れだった。日銀は円安局面では金融政策を変えなかったが、国民からのインフレ抑制を求める声を無視できないとの見方が広がっている。

29日、長期金利の指標となる10年物国債利回りは0.25%をつけた。前週末...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1082文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません