/

シンガポール首相、軍事侵攻「危険な前例」 アジアの未来

シンガポールのリー・シェンロン首相は26日午前、第27回国際交流会議「アジアの未来」(日本経済新聞社主催)で講演した。ロシアによるウクライナ侵攻について「シンガポールのような小国の安全と存続を脅かす危険な前例だ」と述べた。緊張感が高まる米中関係については、「アジア諸国が2つの陣営に分断されているようでは良い結果は得られない」との見解を示した。

リー氏はロシアによるウクライナ侵攻について「国際法に対する明白かつ重大な違反であり、世界秩序に大きな脅威を与えている」と批判した。そのうえで、「平和と安定を維持し、紛争の可能性を減らすために、アジア各国が協力する方法をあらかじめ考えておく必要がある」と述べた。

シンガポールは23日に米国主導で発足したインド太平洋経済枠組み(IPEF)に参加した。米国はIPEFに関税交渉を含めず、議会の承認を不要とした。

リー氏は「IPEFには貿易自由化や市場アクセスは含まれなかった。従って(米国が参加していない)環太平洋経済連携協定(TPP)の代わりにはならない。いつの日か米国の政治状況が許せば、IPEFが米国とアジアのパートナーを含む自由貿易協定(FTA)につながることを期待している」と語った。

シンガポールはTPPの2022年議長国を務めている。TPPに加盟を申請した中国については「経済的影響力は大きく、拡大している」と述べた。広域経済圏構想「一帯一路」などを例示したうえで、「中国が建設的かつ互恵的な方法でパートナーに関与することを期待する」と語った。

第27回国際交流会議「アジアの未来」関連記事一覧はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン