/

この記事は会員限定です

銀行 デットガバナンス軸に

十字路

[有料会員限定]

懐かしさに駆られてオークションサイトでたまに検索するものがある。かつては定期預金をするだけでもらえた銀行のノベルティーグッズだ。1990年代ごろまで銀行は資金量で順位を競った。預貸率は100%を上回っており、融資の"仕入れ"のため、あの手この手で預金集めにしのぎを削っていた。

今は昔だ。預金は脇役に追いやられている。地方銀行の支払利息額はリーマン・ショック前の2008年3月期の年間5900億円から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り552文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン