/

この記事は会員限定です

大手生保、遅れるデジタル移行 新契約2年で4割減

対面営業自粛響く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスが日本の生命保険会社に対面頼みの営業モデルの限界をつきつけている。大手生保4社の2021年3月期の新規契約の年換算保険料は8202億円とこの2年で4割強減り、10年ぶり低水準となった。インターネット生保や海外勢はフィンテックを活用して契約をふやしており、大手生保は対面とデジタルをどう融合するかが課題になる。

日本生命保険、第一生命ホールディングス、明治安田生命保険、住友生命保険は15万人超の営業職員を抱...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン