/

この記事は会員限定です

年初来安値相次ぐ、100銘柄以上6日連続 20年3月以来

中小型・内需型多く

[有料会員限定]

東京株式市場で年初来安値を更新する銘柄数が増えている。25日の東証1部の安値更新銘柄数は6日連続で100銘柄を上回った。6日連続は2020年3月以来。 食品や建設など、原材料高や円安が業績に響く内需型の銘柄が目立つ。新型コロナウイルスの感染者数は減少したが国内消費の盛り上がりが見えにくく、小型株へ資金が流れにくい状況が続いている。

25日の日経平均株価は196円(0.7%)高の2万9499円と反発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り607文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン