/

日証金、JPX株の売却益計上方法「適切」 提訴請求で

日本証券金融は25日、株主のストラテジックキャピタル(東京・渋谷)からの提訴請求で問題とされていた日本取引所グループ(JPX)株式の売却益の計上方法について、「適切である」との見解を示した。監査委員会が訴えを提起するかどうか決定した際には速やかに通知するとしている。

ストラテジックキャピタルは、日証金が本来は特別利益に計上すべきJPX株式の売却益を営業収益に計上しており金融商品取引法や内閣府令に違反していると指摘していた。日証金はJPX株式は主な営業活動として売買されていることなどから、売却益を営業収益に計上するのは適切であるとの見方を示した。同社はJPX株式の保有目的を純投資目的に変更している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません