/

この記事は会員限定です

綿花1カ月ぶり安値 需給逼迫懸念が後退

[有料会員限定]

衣料品の原料となる綿花の国際価格が反落している。指標となるニューヨーク先物(中心限月)は24日に前日比1.5%安の1ポンド140.68セントまで下落する場面があり、4月下旬以来、約1カ月ぶりの安値をつけた。過度の需給逼迫懸念が後退したのを受けて、利益確定売りが出た。

主要消費国である中国の都市封鎖(ロックダウン)や、インフレによる世界的な景気減速が、綿花の需要を抑えるとの見方が出ている。先物の2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り300文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン