/

この記事は会員限定です

ファンドラップ競争過熱、預金膨張の地銀に攻勢

[有料会員限定]

顧客がまとまった資金の運用を一任するファンドラップをめぐり、証券会社や大手銀行が地方銀行への売り込みに奔走している。運用で評価額が増えれば金融機関の実入りも伸びるため、回転売買のような利益相反が生じにくい。地銀が自ら商品開発に乗り出せば、システム対応を含め数十億円の費用がかかるとされるだけに、自陣に取り込もうと攻勢をかけている。

野村証券や大和証券が競ってきた陣取り合戦の構図に変化が生まれたのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1027文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン