/

インデックス型投信「4強」時代、残高首位も視野に

投信観測所

投資信託市場ではインデックス型(指数連動型)への資金流入傾向が続き、純資産総額(残高)の上位に食い込むファンドが増えている。10月末時点で国内公募追加型株式投信(上場投資信託=ETF=を除く)の残高トップ10にインデックス型が4本入った。1998年4月以来、ほぼ四半世紀ぶりの多さだ。うち1本は首位に手が届くところまで迫っており、インデックス型が残高トップに立つ日は遠くないかもしれない。

インデックス型、残高2位につける

投資信託には指数に連動するように運用するインデックス型と、指数を上回る運用成績をめざすアクティブ型(積極運用型)の2種類がある。10月末の残高首位はアクティブ型の「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」で、残高は1兆8756億円だった(図A)。16カ月連続で首位を守っている。

インデックス型で最大規模の「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」は、10月末の残高が1兆6449億円で2位につけている。11月に入ってからは首位との差が1600億円台に縮まる日もあり、昨年末に8000億円近くあったころと比べかなり距離を詰めてきた。

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」は積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)に利用できることもあり、主にネット証券を経由して個人マネーが安定的に流れ込んでいる。年初から10月末までの資金流入額は約5800億円と、残高首位の「米国成長株投信D」の約4300億円を上回り、投信全体でも最も多い。10月末の残高トップ10にランクインしたインデックス型4本の中で残高、資金流入額ともに頭ひとつ抜けている。

トップ10入りの「4強」、すべて海外株式型

残高トップ10入りしたインデックス型の「4強」は、すべて海外株を中心とした株価指数の「円換算ベース」に連動する運用成果をめざす。どれもコストが安く、つみたてNISAに利用できるのも共通点だ。ただし連動する株価指数の種類が異なり、対象とする国・地域や企業規模などに違いがある(図B参照)。

残高2位の「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」と、残高7位の「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド<愛称:SBI・V・S&P500>」は、米国の主要業種を代表する約500社で構成される「S&P500種株価指数」を基準にして運用している。

残高5位の「楽天・全米株式インデックス・ファンド<愛称:楽天・バンガード・ファンド(全米株式)>」が基準とするのは、米国の大型株から小型株まで約4000銘柄を網羅する「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」。残高6位の「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」は「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」を基準とし、1本で全世界の株式に投資できるのが特徴だ。

過去10年は米国株優位

最後に過去のデータを使って、指数別に運用成績を比べてみたい。4本のインデックス型ファンドは2017~19年に設定された比較的新しいファンドなので、ここではトラックレコードが存在する米ドル建てETFで各指数のおおまかな値動きを調べた。過去10年間は全世界を投資対象とした指数よりも、米国を投資対象とする2つの指数が高いリターンをあげた(図C)。

もっとも、過去の一定期間のデータだけで将来的にどの指数が有利かを断定するのは難しい。3つの指数に連動するファンドのどれかを選ぶ場合は、国・地域や企業規模別にどれくらい分散投資をしたいかがポイントになる。各指数の特徴をよく理解したうえで、自分に合うファンドを見つけたい。

(QUICK資産運用研究所 西田玲子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません