/

この記事は会員限定です

ESG商品に開示強化の波 欧州18項目義務、米は統一基準

[有料会員限定]

ESG(環境・社会・企業統治)を巡り、運用会社が情報開示の強化を迫られている。米国ではESG商品の統一基準の検討が始まり、先行する欧州では2023年から投資先企業の男女賃金格差など詳細な開示が義務付けられる。「見せかけESG」を排除するのが狙いだ。機関投資家はESGファンドの選別色を強めており、対応の善しあしで運用会社の淘汰が進む可能性もある。

米証券取引委員会(SEC)は25日、資産運用会社を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1290文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン