/

この記事は会員限定です

目覚めるブレインテック 脳科学で本音・リスク分析

[有料会員限定]

脳科学とIT(情報技術)を融合した「ブレインテック」が身近なものになりつつある。2月の北京冬季五輪で金・銀メダルを獲得したノルディックスキー・ジャンプ男子の小林陵侑選手は、トレーニングに脳波を活用している。国内企業もマーケティングや製品開発にブレインテックの活用を始め、海外でも脳に専用機器を埋め込む先端技術の実用化を目指す動きが進む。

「次はこの口紅を試していきますね」。横浜市・みなとみらい地区...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3642文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン