/

この記事は会員限定です

株主優待、変わる常識 実施件数11年ぶり減

「株主還元はあくまで配当で」の動き

[有料会員限定]

上場企業と投資家を結びつけてきた株主優待が転機を迎えている。2020年度の優待実施件数は11年ぶりに減少に転じた。コロナ禍による業績悪化だけでなく、株主還元の観点から企業と株主の間で優待の位置づけが変わってきたのも一因だ。優待廃止が必ずしも株安に直結せず、機関投資家がESG(環境・社会・企業統治)投資の一環に活用する流れもある。

優待廃止し増配も

5月の決算発表シーズン。例年だと株主優待の新設や拡...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1803文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン