/

この記事は会員限定です

日経平均、一時2万7000円割れ 複合リスクで買い手不在

(更新) [有料会員限定]

25日の東京株式市場で日経平均株価が反落した。終値は前日比457円(1.7%)安の2万7131円と2021年8月20日以来ほぼ5カ月ぶりの安値水準。一時2万7000円を下回る場面もあった。金融引き締めや景気減速の懸念が強まっていたところにウクライナ情勢の緊迫化が追い打ちとなり世界の市場が動揺している。「複合リスク」に投資家は萎縮し買い手不在のなかで株価の下げがとまらない。

東京市場では、米金融引...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1309文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン