/

この記事は会員限定です

新興国相次ぐ苦渋の利上げ インフレ圧力抑え込み

[有料会員限定]

新興国の中央銀行が利上げペースを加速している。新興国は高インフレと米国の金融政策正常化に備え、利上げを進めてきたが、ロシアによるウクライナ侵攻がもたらした資源高によりさらなるインフレ懸念が強まっているためだ。経済正常化を視野に利上げを進める米国などの先進国とは対照的に、新興国の中には景気後退に陥る国も出始め、苦渋の利上げの側面が強まっている。

南アフリカ準備銀行(中央銀行)は24日、政策金利を4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1382文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン