/

この記事は会員限定です

白金、「意外」な供給超過に日本人の影

Up&Down

[有料会員限定]

自動車の排ガス浄化触媒などに欠かせないプラチナ(白金)。さぞ需要も伸びているだろうと思いきや、2021年には3年ぶりの供給超過になるとの意外な予測が出回る。その背景には日本人の地金投資の減少がちらつく。

英製錬大手ジョンソン・マッセイ(JM)によると、21年の世界の白金需給は19トンの供給超過になる見通し。新型コロナウイルス禍からの経済回復で供給や産業需要が伸びる一方、投資需要が減る。

地域別で投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り420文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン