/

この記事は会員限定です

SBI・新生銀行、「三方よし」演出 急転合意の舞台裏

[有料会員限定]

SBIホールディングス新生銀行に仕掛けた銀行界初の敵対的TOB(株式公開買い付け)は24日、突然の幕切れを迎えた。買収防衛策の導入をめぐり国を巻き込んで溝を深めていた両社は土壇場で歩み寄った。急転合意の舞台裏を探る。

新生銀の協議打診、拒んだ北尾氏

「いまのままで業務がまわる可能性は120%ない。大変な混乱になる」――。買収防衛策発動の是非を諮る臨時株主総会を25日に控え、新生銀幹部は前の週か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン