/

この記事は会員限定です

中国恒大、高まるデフォルト懸念

法的整理には時間も

[有料会員限定]

中国の不動産大手、中国恒大集団の債務不履行(デフォルト)懸念が高まっている。9月23日、29日と米ドル債の利払いを見送ったためだ。海航集団(HNAグループ)など過去の破綻事例をもとに、債務処理のシナリオを分析した。

ドル債は公式にデフォルトと認定されるまで30日間の猶予期間がある。だが本業の住宅販売の不振で恒大の資金繰りは厳しさを増しており、猶予期間中に利払いができるか不透明だ。

恒大が今後、デ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り981文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン