/

この記事は会員限定です

中国恒大、一部社債の利払い期限過ぎる 猶予期間入り

(更新) [有料会員限定]

【香港=ナラヤナン・ソマスンダラム】中国の不動産大手、中国恒大集団が少なくとも一部の投資家に対して予定通り社債の利払いができなかったと事情に詳しい関係者2人が明らかにした。同社は23日に米ドル債の金利8300万ドル(約91億円)を支払う予定だった。

24日の香港市場で恒大株は前日比11.6%下落した。

投資家2人によると、恒大から何ら通知がないまま利払い期限の23日の米東部時間深夜を過ぎたという。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り286文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン