/

この記事は会員限定です

シニア起業、老後の選択肢 支援制度でハードル低く

[有料会員限定]

「会社で培った経験を生かして、個人向け資産運用のアドバイスを手掛けたいです」。このほど金融機関を定年退職した60代の男性Aさんはこう意気込む。勤務先ではファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得し、顧客へのアドバイス経験も豊富。老後は自由に働きたいと、東京都内のレンタルオフィスでFP事務所を10月に立ち上げる予定だ。

シニア起業、活発に

長い老後を見据え定年後も働き続ける高齢者が増えている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1606文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン