/

デジタル通貨とは 各国中銀で発行の動き

きょうのことば

▼デジタル通貨 紙幣や硬貨といった現金ではなく電子情報(デジタル)で発行・決済される通貨。現金のように買い物や送金に使用できる。いつでも手軽に使えるといった点や送金コストが抑えられる点などを強みとする通貨も多い。

2019年に米フェイスブック(現・メタ)が暗号資産「リブラ(現ディエム)」の発行を打ち出した。金融当局の反発などで計画は頓挫したが、海外送金など既存の金融サービスでは不便な点も多く、企業や個人のニーズをにらみ、各国で事業会社も含めた民間での開発が進んでいる。

デジタル通貨発行に向けた動きは各国の中央銀行でも広がっている。中国は「デジタル人民元」の大規模な実証実験を主要都市で進め、22年にも実用化をめざしている。欧州も「デジタルユーロ」の研究を急ぐ。日銀はデジタル通貨の発行の是非は決めていないが、世の中のニーズが高まった場合に備え、実証実験を進めている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン