/

この記事は会員限定です

ドル買越額、4カ月ぶり低水準 米景気警戒で投機筋

[有料会員限定]

ヘッジファンドなど投機筋によるドル買いの動きが縮小している。米商品先物取引委員会(CFTC)の18日時点のデータを集計したところ、投機筋の売買動向を映す「非商業部門」の主要8通貨に対するドルの買越額は130億ドル(約1.5兆円)と2021年9月以来約4カ月ぶりの低水準になった。米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、過度な金融引き締めによる米景気後退を懸念した投機筋がポジション(持ち高)を手じま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り555文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン