/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG、クラウレ副社長の退職金45億円

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)の副社長執行役員最高執行責任者(COO)を1月に退任したマルセロ・クラウレ氏の退職金が約45億円だったことが24日分かった。クラウレ氏は孫正義会長兼社長の右腕として米シェアオフィス大手ウィーワークの再建などに取り組んだ。自身の報酬や権限を巡ってSBG側と対立していたとの見方があった。

SBGが同日開示した2022年3月期の有価証券報告書で判明した。SBGは前期にクラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り302文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン