/

この記事は会員限定です

中国恒大問題、日本型か米国型か 世界巡る過剰マネー

金融PLUS 金融グループ長 河浪武史

[有料会員限定]

世界市場を揺るがす中国恒大集団の経営不安問題。中国の信用膨張の背景には、リーマン・ショック後に行き場を失った世界の過剰マネーがある。1980年代以降、日本、メキシコ、東南アジア、米国と、バブルは世界を転々とした。日本はバブル崩壊の影響を国内にとどめたが、米国の金融危機は地球大で傷痕を残した。中国に求められるのは、危機の教訓を生かした軟着陸だ。

過去400年の金融危機を研究してきた経済史家のC・P・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1811文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

金融PLUS

日本・海外の金融政策の「先読み」や金融ビジネスの裏話を、経験豊富なエディター陣が解説します。普段の金融報道に「プラス」を与えるコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン