/

この記事は会員限定です

クラウド調達のセキュリテ、ESG貢献を「見える化」

[有料会員限定]

クラウドファンディング(CF)大手のミュージックセキュリティーズ(東京・港)は週内にも、同社を通じて資金調達した各事業のESG(環境・社会・企業統治)関連データの開示を始める。事業の社会貢献の度合いを投資家が確認できるようにする。ESG投資への関心が高い個人の資金を呼び込む。

同社が運営するCFサイト「セキュリテ」で今後募集を始めるファンドが対象となり、ESGデータは定期的に更新する。例えば近日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン