/

この記事は会員限定です

貴金属、FRB議長再任で急落 金は1800ドル割れ

[有料会員限定]

貴金属の相場が急落している。金の指標となるニューヨーク先物は23日、節目となる1トロイオンス1800ドルを下回り約3週間ぶりの安値をつけた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の再任が決まり、インフレ対応のために利上げを急ぐとの観測が浮上。金利がつかずインフレ回避資産とされる金への逆風が強まった。

NY金先物は22日に2%、23日に1%下落し、23日の終値は1783ドル台だった。日本時間24日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り472文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン