/

この記事は会員限定です

ロシア制裁のパラドックス 中印輸入増の「効用」も

客員編集委員 脇祐三

[有料会員限定]

国際的な制裁は本質的に政治の手段である。狙い通りの経済効果があるわけでは必ずしもない。対ロシア制裁では制裁を科す側も打撃を受ける。その点で、過去の経済制裁とは異なるパラドックス(逆説)も生じている。

経済制裁で相手国の政権が行動を変えた例は、ほとんどない。たとえば、制裁を受けて物資が不足してくると、物資の配分を通じて統制が強化され、独裁政権の延命につながる要素もある。

それが、一般的な「制裁のパ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1439文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン