/

この記事は会員限定です

米景気への懸念拡大、中銀幹部発言に注目

[有料会員限定]

米株、一進一退か

米国の株式相場は一進一退の動きとなりそうだ。景気後退懸念が強まる中、上値は重く、米連邦準備理事会(FRB)高官の発言などによって上下しそうだ。金融政策の株価への織り込みは進んでおり下落余地は限られそうだが、企業業績に対する懸念が強まれば下振れする可能性がある。

前週はS&P500種株価指数の業種別でヘルスケアが前の週末比8.1%高になるなど景気減速に強い銘柄への物色が目

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン