/

この記事は会員限定です

株価10倍のテンバガー、半導体関連が最多 緩和効果も

Review2021⑤

[有料会員限定]

2021年も株価10倍を達成した「テンバガー」が相次ぎ登場した。世界の時価総額上位2000社を対象に5年前から株価が10倍以上になった銘柄を調べたところ、半導体や海運、環境関連の企業が多く入った。デジタル化や新型コロナウイルスの感染拡大を背景としたサプライチェーン(供給網)の混乱、脱炭素の取り組み拡大が株価上昇につながった。各国の金融緩和を背景とした過剰流動性相場の押し上げ効果も大きく、来年も多...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1749文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン