/

この記事は会員限定です

原油価格が下落 ロシア産の価格上限設定で思惑

[有料会員限定]

原油相場が下落している。主要7カ国(G7)が導入するロシア産原油の価格上限制度を巡り、上限設定を「1バレル65~70ドル」とすることを検討していると伝わったためだ。検討中の上限価格が足元のロシア産原油の相場とほぼ同水準だったことから、市場ではロシア産の供給減少懸念が後退した。

米原油指標のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物は23日、1バレル77ドル台と前日に比べ3.7%低...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り937文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン