/

この記事は会員限定です

freeeと楽天銀行、API巡り溝 提携終了で利用者に負担

[有料会員限定]

クラウド型会計ソフトのfreee(フリー)と楽天銀行の間でデータ連携の仕組みであるAPIを巡って溝が生まれている。フリーは24日、楽天銀とのAPI連携を1カ月後の2月24日に終了すると発表した。表向きは「契約満了」と説明するが、両者で再契約できなかったのが実態のようだ。データ連携で利便性が高まる一方で、接続を巡ってせめぎ合いが起き、利用者にしわ寄せがいく形となった。

フリーは2月24日午後5時ご...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り876文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン