/

ロランドDG一時17%高 設備投資増が追い風

話題の株

24日の東京株式市場でプリンタのローランド ディー.ジー.(DG)株が一時、前日比525円(17%)高の3555円まで上昇した。年初来高値を更新し、2017年5月以来、4年7カ月ぶりの高値を付けた。2021年12月期の連結純利益が前期比約16倍の39億円になりそうだと23日に発表した。経済活動の正常化に向けた企業の設備投資需要増を見込んだ買いが集まった。

終値は485円(16%)高の3515円。売買代金は前日の17倍に膨らみ、値上がり率は東証1部で3位だった。

新型コロナウイルス禍での対面イベントの再開や規制解除で企業の設備投資需要は高い水準が続く。広告・看板製作用プリンターや歯科用加工機などの販売が堅調だ。原材料高といったコスト増が懸念されながらも、経費抑制に努めたことも利益水準の向上に繫がった。

23日付でリポートを発表したみずほ証券の森貴宏シニアアナリストは「事業環境の好転を見越していたが、21年10~12月期の販売が予想よりも好調であった」と指摘する。

予想PER(株価収益率)は11倍台と、市場平均をやや下回る。「来期以降の業績次第だが、経済活動が進めば株価はさらに上値を追える」(しんきんアセットマネジメント投信の藤原直樹運用本部長)との声もあった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン